just in time

活字中毒のアラサー女が恋愛を描きます。

飲み会のあと

ヤキモチを妬いた後の彼は、いつもより荒々しいセックスをした。

無理やり服を脱がせて、うつ伏せに転がされる。両手首を掴まれ後ろにグイッと引っ張られたかと思うと、いつの間に手にしていたのか、私のベルトを慣れた手つきで手首へグルグルと巻きつける。

そのままバックで挿入され右手でクリをいじられる。左手で私の口を押さえ、喘ぎ声を塞がれる。大きな身体で私を押さえ込んで、息をするのもやっとのことだった。